ブログトップ

aimegu☆月ぬ美しゃ

aimegu.exblog.jp

カテゴリ:ちぃ旅( 43 )

紅葉狩り その1 秩父

今年も残すところあと一月。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
年末に近づくにつれて何かと忙しくなるのが常で、この
ブログも滞り気味ですが、何とか元気にやってますので
ご心配なく。

さて先日、秩父方面にドライブに行って来ました。
朝晩は冷えますが、日中は外に出て季節の移り変わりを
楽しむのにはちょうどよい気候ですもんね。
家の中でうずうずしてるのはもったいない!
f0169661_2133030.jpg

浦川ダム付近の紅葉を観てきました。
光り輝く水面が美しい...
f0169661_2145947.jpg

お空はピーカン!
飛行機雲がくっきり。
f0169661_217340.jpg

お昼に食べた手打ち蕎麦。
秩父の名物です。自然に囲まれて食べるお蕎麦は格別です。
f0169661_219394.jpg

野菜の天ぷら(400円)も。
オクラがおいしかった!
f0169661_2110165.jpg

走行中の車中から撮ったのでブレてますが、紅葉もキレイ
でしたよ。
秩父の紅葉は色合いが地味目なんですが、生まれ育った埼玉県
だからでしょうか...落ち着きます。
温泉も多々あるので、次回は寄ってみたいです。

秩父よいとこ一度はおいで〜〜(笑)
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-11-30 21:17 | ちぃ旅 | Comments(0)

母&娘山陰旅情3日間♨ー最終回

いやいやはやはや、山陰に旅に出たのは夏の初めだったのに
あっという間に季節は秋に移り変わってきてますね...早いなぁ。

さて大変遅ればせながら、最終回です。
7月17日、最初に向かったのは鳥取砂丘!
f0169661_209919.jpg

今回の旅で、私的に一番興味深々だった場所です。
わーほんとに砂の世界だ。あそこの一番高い所まで行って日本海
を眺めたかったのですが、ここでも時間の関係で断念。細かい砂
に足を取られながら、100メートルくらい歩いて引き返しました。
f0169661_2017468.jpg

記念にラクダと一緒にパチリ。
ラクダに乗ると一人500円、横に立つのは100円。
眠そうだなぁ〜もともとこんな顔なのか?
近くに『砂の美術館』という砂の彫刻が観賞できるところがある
そうです。人気も高いようなんで、次回は砂像アートも観賞したい。
f0169661_20221825.jpg

次の目的地に行く途中、サービスエリアで購入したアイスクリ
ーム。とくに大山牧場のミルクアイスは濃厚なのにサッパリしてて
めちゃ美味しかった!
f0169661_2029318.jpg

天橋立展望台往きロープウェイ乗り場付近。
しかしここで突然の激しい大雨に遇う!が、すぐ小降りになったの
でいざ出発。
f0169661_2035492.jpg

上は止んでました。
で、日本三景をバックにお決まりの全体写真を撮ることになるので
すが、背後になにやら不気味な影が...。
f0169661_2038845.jpg

えーっ!これって竜巻とちゃいますの?
案内人のおばちゃんは、『警報出てないから大丈夫よー、はい笑っ
て』って...。
f0169661_20411840.jpg

幸い竜巻らしきものは、海上に出ていつのまにか消滅。
飛龍観は飛龍観でもねぇ...は〜、ホッとしました。
f0169661_2051516.jpg

最後に、『長生きできますよーにー』と亀さんをなでなで。
元気で長生きしてほしいっス。
f0169661_20554193.jpg

伊丹空港へ到着。
7月15日から17日までの3日間、全ての行程終了です。
ハードなスケジュールだったけれど、その分想い出に残るよい旅
になったのかなと思います。疲れやすい母の足も心配でしたが、
なんとか置いてけぼりにもならず乗り切れてよかったです。
f0169661_2114171.jpg

おっとっと!
これは砂丘の砂でできたミニモアイ。
お土産に人気なのだとか。
今回留守番だった父には、天橋立オイルサーディンを。
あとは母からの土産話...ね!

次回はどこへ旅してみましょうか。
ね、お母さん。

おしまい
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-09-28 21:22 | ちぃ旅 | Comments(2)

母&娘山陰旅情3日間♨ー6

5のつづきです。
2日目の行程もすべて廻り、バスから大山(だいせん)の景色
を眺めながら、宿のある三朝温泉へ。
f0169661_19381032.jpg

お宿に到着〜。
お世話になるのは『三朝ロイヤルホテル』さん。
f0169661_1933237.jpg

格安ツアーだったから、正直宿は期待していなかったけど、
広々として素敵なお部屋でした!窓から見渡せる風景も気持ちが
よいです。
f0169661_1941486.jpg

夏の夕暮れ〜。
f0169661_19434246.jpg

お待ちかねの夕食は豪華なバイキング!
新鮮な魚介類をメインに、お寿司やパスタ、フルーツやケーキま
で、美味しそうなものがズラーリ!!
あれもこれもとお腹いっぱい詰め込みました。ふぅ満足(^^)

写真がないんですが、温泉も広くて清潔で、内風呂も露天も心ゆ
くまで愉しみました。
はぁ〜旅の疲れも心地よく癒される感じ。気持ちヨカッタ〜♨
f0169661_209188.jpg

翌朝!天気は晴れ!窓を開けて新鮮な空気をうーんと吸い込んで。
旅もいよいよ最終日。
f0169661_20112637.jpg

さ、朝食もモリモリ食べて出発です!
ロイヤルホテルさん、お世話になりました〜。

次回最終回。001.gif
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-09-08 20:19 | ちぃ旅 | Comments(4)

母&娘山陰旅情3日間♨ー5

4のつづきです。
私達のバス一行は、島根県を離れ、お隣鳥取県へと入りました。
f0169661_21544219.jpg

鳥取県で今注目されてる観光スポットと言えば...
f0169661_21563373.jpg

そう、境港・水木しげるロードでございまーす。
ゲゲゲの鬼太郎ですね。この通りにはなんと140体の妖怪ブロンズ
像が立ち並んでます。この日は観光客もまばらで、ゆっくり歩いて
見てまわることができました。日差しも遮られてホッと一息。
f0169661_2241389.jpg

ほとんどの人が『水木しげる記念館』で過ごしたのですが、私と母
は、この商店街とその近辺を散策することに。
記念館のお隣にこんなお菓子屋さんを発見!
そして...
f0169661_2291981.jpg

こんな和菓子を購入...妖菓というそうですが...。
リアル!(笑)
f0169661_2213782.jpg

イテテテテ...!!って聞こえたような。
こんなのお土産にしたら驚かれるだろうなぁ(笑)
f0169661_22174178.jpg

近くに水木しげるさんの生家もあるようなので、海岸通りへと
のんびり歩きました。
f0169661_2223745.jpg

はぁ〜気持ちがいい!
水木先生はここで、どんな幼少時代を過ごされたのでしょうね。
(残念ながら生家は見つけられず。どうやら見当違いのお宅を
 写真に収めてしまったようです。)
f0169661_22303938.jpg

地元の漁師さんも集う静かな喫茶店で一休み。
f0169661_2233614.jpg

f0169661_2237477.jpg

想像していたよりとても静かで素朴な町でした。
あの人気俳優さんも、プライベートでよくこの地を訪れるのだ
そうです。(驚)
f0169661_22532711.jpg

バイバイ鬼太郎!お元気で。
f0169661_2255759.jpg

さてさてこの辺で、アイドル並みのスケジュールは終了です。
母はさすがにお疲れの様子でこっくりこっくり。

世界屈指のラジウム泉として有名な三朝温泉で、じっくり疲労回復
したいと思いまーす。

つづく。
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-09-07 23:07 | ちぃ旅 | Comments(0)

母&娘山陰旅情3日間♨ー4

残暑お見舞い申し上げます。
高校野球もいよいよ終盤。外に出ると強い陽射しに混じって、
時折秋風が吹くのを感じるようにもなりました。少しさみしい
気持ちになったりする今日このごろです。

さて、のびのびになってる旅の記録。
3のつづきです。
f0169661_19581559.jpg

出雲大社を出て、次に向かったのは水の都松江。
写真は堀川めぐりの様子です。橋をくぐる時には屋根が下がって
くるので、皆頭を低くした体勢を保たなければなりません。水かさ
が増した前日は運休だったとか。

松江ではお城(松江城)を観たり、『不昧公好み』といわれる銘菓
を老舗の和菓子屋でお茶と一緒に食べたりしてみたかったのですが
時間がなく断念。
f0169661_20163439.jpg

歩いて遊覧船乗り場まで行き、そこの大きなお土産屋さんで、ほと
んどの時間を費やしました...。
f0169661_20194163.jpg

アイドル並みに忙しいスケジュールの2日目...
お次ぎは島根県と鳥取県の間の中海に浮かぶ島『大根島』へ。
大根島といっても、特段大根が名産な訳ではなく、有名なのは牡丹
と高麗人参なのだそう。それから美味しい鰻も食べられるのだとか。
それがぜ〜んぶ詰まっているのがこの建物、『由志園』なのです。
この日はここで昼のお食事も♪
f0169661_2029045.jpg

うおっ!いきなり高麗人参がいっぱい。
f0169661_2030230.jpg

館に入るなり全員これを飲まされました。(笑)
苦ーい高麗人参茶。
f0169661_2034428.jpg

そしてこれが、楽しみにしてた白魚御膳。うほほい♪
f0169661_20363076.jpg

白魚がうようよ入ったお鍋に卵を落としてグツグツ。
f0169661_20374994.jpg

上品なスープが絡み、おいしー♪
f0169661_20404398.jpg

特別注文した、天然鰻の溶岩焼き!
f0169661_20424466.jpg

関東よりも味付けがあっさりと上品。とても芳ばしくて贅沢な
逸品!焼高麗人参も美味!(とっても苦いけど)
f0169661_20472425.jpg

そして、こちらも特注、高麗人参の天ぷら。
お塩を付けていただきます。初めて食べますが美味しい...けど
やはり苦い〜。夏バテ予防になりそうです。
はぁ〜全部おいしかったです。ごちそうさまでした。
f0169661_20575865.jpg

食後に庭園を散歩。
するとなにやらモヤモヤ〜っと。靄の中を歩くと...おぉ〜
涼しくて気持ちイイじゃん♪生き返る〜
f0169661_21332.jpg

絶対体にいいはず〜(笑)すーはー
f0169661_2191573.jpg

夏場の牡丹観賞は屋内で。
ここ由志園では、牡丹だけでなく、睡蓮や紫陽花、菖蒲など、
四季折々の花が楽しめるようです。
大きな池を取り囲むこの日本庭園は、しっとりとした風情が
あり、おすすめのスポットです。
f0169661_21234673.jpg

高麗人参と牡丹...一見不思議な組み合わせですね。
大根島は火山の島で、牡丹は約300年前、高麗人参は約200年前
から栽培されたのだとか。そして、人参の栽培にはなんと20年の
サイクルを要するそうで、収穫してから次の土作りまでの長い期
間を牡丹の栽培にあてるんですって。

また一つ、勉強になりましたよ。

つづく。
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-08-18 21:44 | ちぃ旅 | Comments(0)

母&娘山陰旅情3日間♨ー3

2のつづきです。
2日目、私達一行は、朝8:00に宿を出発し、出雲大社へと
向かいました。バスの右側には日本百景の伊宍道湖が。
f0169661_20495555.jpg

春には日本海顔負けの波が立つそうですが、この日はとても
穏やかな表情でした。
f0169661_20551229.jpg

出雲市に入ると田んぼの中に立派なお屋敷が点在し、あること
に気付きます。
f0169661_20594337.jpg

どの家も、門に向かって左側にこんなふうに松の垣根がある
のです。風よけだそうです。
そして、もっとよく観察すると、敷地の右側に先祖代々のお墓
があります。大切な土地を守るための先人たちの知恵だったとか。
f0169661_21105767.jpg

そしてやっと、出雲大社へ到着。
60年に一度、5年もかけて新しくしたお屋敷に神様がお引っ越し。
↑は5月10日の本殿遷座祭まで御神体のあった御仮殿。
f0169661_21284465.jpg

こちらが新しくなったお住まい(御本殿)。
f0169661_21311117.jpg

パワーもさらにさらにアップしているはず〜。
みんなどんな願い事を唱えたのかな。
f0169661_2137822.jpg

10月は全国の神様が出雲にお出かけになりお留守になるので
『神無月』、全国の神々が集まる出雲では『神在月』となるわけ
ですよね。ここまでは皆さんご存知かと思うんですが、またまた
ガイドさんがへぇ〜な話をしてくれました...
旧暦の10月10日にあたる日に、全国の神様は私達には見えない
舟で出雲の稲佐の浜までいらっしゃるそうなんです。
で、そこから出雲大社まで、雨が降ったらナント観光バスで送迎
されるのだそう!だから、運転手さんは、一見だ〜れも乗ってい
ない大きなバスを運転してくることになるんですって。(笑)
観光バスに乗る神様達のお姿を想像してもちょっとおもしろい
ですね。
え、ご存知でしたか?


この度の豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い
申し上げます。


それでは今日はこのへんで。
おやすみなさい。

つづく
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-08-01 23:03 | ちぃ旅 | Comments(2)

母&娘山陰旅情3日間♨ー2

1のつづきです。
ホントかどうかわかりませんが『倉敷にうまいもんなし』
とのことで、食べ物の誘惑に負けず、なんとか出発の時刻
までにバスに帰ってきました。
岡山県から、今度は島根県の玉造温泉街へと向かいます。
f0169661_21315332.jpg

大雨の影響で、途中から高速道路は通行止めとなり、一般
道路を走りました。
f0169661_21403796.jpg

濁流で道路は削られ、この大型車が通って崩れやしまいか
とヒヤヒヤした場面もありましたが、(真ん中の足は知ら
んが右の足は元気やと冷やかされていた)ベテランドライ
バーさんの冷静且つ大胆な判断力で無事に峠を越し、私達
一行は無事に島根県へ突入。山間に暮らす方々の苦労を思
い知らされました。
f0169661_2203229.jpg

私達をお世話してくれた両備バスのガイドさんは倉敷生ま
れの倉敷育ち。キュートでバツイチ。よくしゃべります(笑)
ガイド付きツアーの楽しいところは、その土地のマメ知識
が深められるところ。今回もいろんなお話をしてくれました。

まず最初にへぇーと思ったのが、広島ではバスの出発時刻に
8:15は避けるとのこと。...そうです、広島といえば原爆。
その原爆が投下された時刻だからです。

車窓から病院が見えた時の話。
傷病でドクターヘリを呼んだとき、予算(費用ではない)は
どれくらいかかるか知ってますか?答えは最低で50万(費用
はただ)。で、勝手に山に登って遭難した場合はいくらでし
ょう?こちらは費用で数千万だそうです。皆さん、気をつけ
ましょうね。

そんなこんなで、予定より1時間以上遅れて宿に到着。
美肌の湯で知られる玉造温泉『松乃湯』さんです。
f0169661_22192287.jpg

部屋に荷物を置いてすぐ夕食。
白魚鍋やイカのさしみなど、美味しい海鮮料理を堪能しました。

食後には、待ちに待った温泉♨
ゆっくり汗を流し旅の疲れを癒しました。
日本最古の温泉といわれる美肌の湯で、5歳、いや10歳は若
返ったかしら♡私も母もお肌ツルツルになりました〜。

f0169661_23491078.jpg


つづく。
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-07-25 22:32 | ちぃ旅 | Comments(2)

母&娘山陰旅情3日間♨ー1

今年の夏休み第1弾は母と二人で山陰への旅ツアーに
参加してきました。
朝8:30羽田発の飛行機に乗り、先ずは広島空港へ。
話には聞いていたのですが、広島空港は山の中。お孫
さんらしき男の子の手を引いて離発着を見守る老夫婦
の姿が機内の窓の外に見えました。天候は曇り。
f0169661_22152751.jpg

空港からは観光バスで岡山まで。
昼近く、初めての広島県内を眺めながら食べる蛸飯弁当。
f0169661_22205411.jpg

岡山県の倉敷に到着するも天候は激しい雨。時折雷もゴロ
ゴロ。傘を準備していない旅行者が大半で、皆さんビニー
ル傘を購入してました。そして雷にも恐れず美観地区へ散策
に出かけて行きましたが...。母と私は大の雷嫌いなもので、
近くの無料休憩所でしばらく様子をみることに。
広くて涼しい休憩所は快適でした。写真は館内にある小さな
博物館。
f0169661_22295576.jpg

小雨になったので、いざ外へ。初めは恐る恐る歩いてましたが
大通りを少し右に曲がると美しい白壁の町が現れて、雷への不
安もふっとびました。
f0169661_2236530.jpg

まだ小雨の残る中、倉敷川沿いを歩くのは、涼しくてなんとも
気持ちのよいものでした。勇気出して良かった(^^)
f0169661_224862.jpg

近くに大原美術館もあり、センスのよいお土産物もたくさん。
岡山といえば倉敷ジーンズも有名ですね。ジーンズは残念ながら
似合わないので買いませんでしたが、和柄のかわいいTシャツを
一枚購入。(後程お披露目したいと思います)

倉敷珈琲も堪能したかったのですが、あれあれもうこんな時間!
バス出発の時間が来てしまいました。
またいつかゆっくり歩いてみたいですね〜。

さ、今度はここから島根県へと向かいます。
この日のお宿は玉造温泉『松乃湯』さんです。

f0169661_2316868.jpg


つづく。
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-07-21 23:01 | ちぃ旅 | Comments(2)

GW!大混雑!鎌倉〜江ノ島(3)

今日は沖縄の本土復帰記念日。(41年前の5月15日)
数日前から『ちゅらさん』を第1話から見直しています。
改めて、やっぱ好きだなぁ〜このドラマ。
f0169661_20353815.jpg

さて、母娘小さな旅のつづきです。
江ノ島にある『磯料理きむら』さんの前で待つこと2時間半。
やっと名前が呼ばれて店内に入ることができました。
先ずは白ワインで乾杯♪
f0169661_20391358.jpg

そして炭火で焼いたハマグリ!
島のいたるところで漂っていた芳ばしい匂いの正体はコレ。
もうすっごくプリプリとして甘ーいのだ。
f0169661_20431659.jpg

名物のしらす丼!
シラスはこれでもかというくらい超大盛り。
お味噌汁の中にも大きなハマグリ。
f0169661_2046571.jpg

30分も経たないうちに全て完食。
お腹いっぱい、満足満足。
とっても美味しかったです。
f0169661_20493358.jpg

ここは漁師の家族で経営しているとても感じのよいお店です。
ゴールデンウィークはさすがにいっぱいでしたが、普段はゆったり
と、二階の座敷からはヨットハーバーを眺めながら食事のできる所
です。オススメの穴場ですよ(^^)v

家で留守番の父には鯵の干物を2枚買って帰りました。
母との2人旅、楽しかったけどGWはもう懲り懲りだなぁ〜(^^;
お次はどこに行こうかしらね〜。

f0169661_2273088.jpg



おわり。
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-05-15 21:12 | ちぃ旅 | Comments(3)

GW!大混雑!鎌倉〜江ノ島(2)

f0169661_21262727.jpg

素敵だった古民家から一歩外に出ると、通りは私達のように観光で
訪れた人達でいっぱいでした。できれば長谷寺に行って、境内に咲
く花々を観賞したかったのですが...断念。
お腹も空いたので食事を摂ろうとしても、どこの店の前も長蛇の
列でして。はぁ〜(××)
f0169661_21395299.jpg

予定を変更し、逃げるようにして江ノ島へ。
少しはマシだろうと思いきや...甘かった。

島の参道は原宿の竹下通りみたいに人で埋め尽くされて、見ただけ
で歩きたくなくなるほど。
母と私は参道から外れた路地を進み、お気に入りの『磯料理きむ
ら』さんへ直行〜。
f0169661_21552659.jpg

さすがに表通りよりは静かで、でもホッとしたものつかの間、順番
待ちのためノートに記帳して、それから1時間...まだ名前が呼ばれ
ない。
f0169661_21585490.jpg

時間は既に午後も2時をまわり...こうなったら意地でも食べて帰っ
てやるっ!店の入り口から漂う芳ばしい磯の香りを肴にして、角の
土産物屋で買ってきたオリオンビールをぐびぐび。ひたすら待つ。

さらに1時間経過、オリオンもう1本追加。

さらに30分経過。
『***さ〜ん!お待たせしました〜』

午後3時30分。
やっとこさお昼ご飯にありつけそうです。
あ〜ん、お腹空いた〜(半泣き)

f0169661_22113031.jpg


つづく
[PR]
by shi-sa-to-neko | 2013-05-10 22:15 | ちぃ旅 | Comments(0)